法律 仕事について

法律系の仕事の種類について

法律系の仕事には様々な種類のものがあります。法律系の職業として最も知名度が高くなっているは、弁護士です。ただし、司法試験合格後に、弁護士ではなく裁判官や検事を目指す人も少なくありません。現実的なことを考えると、裁判官や検事は国家公務員ということになりますので、年齢制限が存在します。また、毎年募集される人員数もそれほど多くはありませんので、弁護士になるよりもはるかに狭き門となっています。一方、司法試験以外の国家試験に合格することによって資格を取得することができる法律系の仕事も存在しています。具体的な例をあげると、司法書士、弁理士、行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、税理士などです。実際には、これ以外にもたくさんの法律系の仕事が存在しています。

Copyright© 法律 仕事 All Rights Reserved.