法律 仕事について

勤務先による仕事内容の違いについて

何ら法的な資格を取得していなかったとしても、法律系の仕事に就くことは可能です。しかし、その際、どのようなところに就職するかによって、取り扱うことになる仕事の内容が大きく変わってきます。たとえば、弁護士や司法書士の事務所に無資格者が就職した場合ですと、裁判所や法務局へ書類を提出しに行ったり、郵便局へ行って郵便物の発送や印紙の購入をしたりすることになるのが一般的です。なぜかというと、法律によって有資格者しか取り扱うことができない業務が厳然と定められているためです。一方、民間企業の法務部門に就職した場合であれば、かなり幅広い業務を経験できる可能性が高いです。もちろん、その会社の事業に直接関係がある仕事に限られますが、スキルアップを目指せる可能性があります。

Copyright© 法律 仕事 All Rights Reserved.