法律 仕事について

裁判官とはどのような仕事なのか

法の番人という別名を持つ裁判官は、法律の専門家です。法律の専門家と言える仕事の中には、大学の法学部で生徒を指導する教員なども含まれますが、裁判官の場合、机上で論理を組み立てるのではなく、現実に発生している問題を解決する中で法解釈を行うようになっている点が、大きな違いです。裁判官になるためには、まず司法試験に合格する必要があります。その後、司法修習期間中に裁判官になるための面接試験を受けます。一般的に、司法修習で優秀な成績を修めていないと裁判官にはなれないと言われていますが、人格面のチェックもかなり厳格に行なわれます。裁判官の独立性については憲法で保障されていますので、任官後は法律にのみ拘束されることになっており、自己の良心にしたがって法的判断を下すことができます。

Copyright© 法律 仕事 All Rights Reserved.